2019年08月21日

派遣社員が失業保険を貰えない?あなたは万一の時どう過ごす?

20190820192245189.jpg今回は、初めて派遣社員で働いている人が、もし何らかの理由で派遣会社を辞めた場合、次の仕事が決まるまで失業保険をもらえるのかということについてお話します。

派遣社員で働いていた期間がどのくらいなのかにもよりますが、そもそも失業保険は約1年以上同じ会社で働いていたら受けることができます。

そして、雇用保険にきちんと加入している派遣会社であれば待機期間中(ここでいう「待機期間中」とは、最近まで派遣社員として働いていた派遣会社に新たな案件を紹介してくれるまでの期間という意味です。)でも失業保険は受けられます。

その理由は、派遣会社で社会保険に加入していたと思いますが、もうその派遣会社で派遣社員として働いていないということは既に社会保険は使えないということです。

なので、社会保険証は待機期間中でも一旦派遣会社に返さなければいけません。

そうなると国民健康保険に切り替えの手続きをしないといけません。

国民健康保険の手続きをする前にハローワークで発行される受給資格者証を持っていけば国民健康保険料が安くなります。

そして国民年金の支払いも免除されます。

ただし、自己都合の退職の場合は認められません。

退職理由が事業所都合であれば、ハローワークで離職票の手続きをしてから約1ヶ月で失業保険が入ります。

これで待機期間中の収入はしばらく安心ですね。

しかし同じ派遣会社から仕事の紹介が来てもとにかく仕事が決まったら必ずハローワークに報告しましょう。

もし報告がなかった場合、不正受給になってしまう可能性があります。

以上、派遣社員が次の仕事が決まるまでの待機中、失業保険が受給できるかお話しました。

離職票は手続きに必要なので必ずもらいましょう。

もし申告から2週間たっても手元に届かない場合は必ずハローワークに相談しましょう。

働く派遣社員ならではの悩みにはこんな解決方法が!


にほんブログ村 小遣いブログ ネットワークビジネスへ
にほんブログ村



就職・アルバイトランキング
posted by sora at 08:00| Comment(2) | 派遣社員と社会保障 | 更新情報をチェックする

2019年08月05日

ボーナスが出ない派遣社員は○○で安定した収入を確保する!その方法とは?

20190805113548300.jpg派遣社員は基本的にボーナスはもらえません。

しかし派遣先によっては派遣会社を通し、更新ごとに慰労金や満了金というものがボーナスがわりとして支給されることがあります。

慰労金とは?

「慰労金」は頑張った証
慰労という言葉を辞書で引いてみると、その意味は「苦労をねぎらうこと」とあります。言葉にしてみるならば、「よく頑張ったね、おつかれさま」といったところでしょうか。

この「慰労」という言葉、実は求人条件の中でも出て来ることがあります。

それが「慰労金」です。

例えば、3カ月働いたら満了慰労金が10万円でます、といった条件があったとします。この場合、入社してから3カ月間の勤務を終えると、10万円が支払われるということです。会社にとっては入社してからしっかり働いてくれることが一番ですから、慰労金はきちんと働いたことに対してのボーナスのようなもの、と考えて差し支えないでしょう。


※ジョブコンプラスHPより参照


満了金とは?

期間工の満了金は、それまで頑張って働いたことに対する報酬という意味ではボーナスに近いですが、契約期間が満了したときに受け取ることができ、失業後の資金として重要なものという意味では退職金と考えることもできます。つまり、ボーナスと退職金の両方の性質をもっているものと考えられます。


※ジョブコンプラスHPより参照



派遣社員として新たな案件を探すならこういったボーナス代わりの慰労金や満了金が支給されるかどうかの福利厚生や特典などチェックしたほうがいいですね。

私もまさか派遣社員をやっていてボーナス代わりの慰労金や満了金が支給されるところがあるなんて知りませんでした。

しかし正社員にも同じことが言えますがボーナスが欲しいがために無理してやりたくもない仕事を派遣社員としてやっていきたいのでしょうか?さすがに今まで軽作業や単純作業しかやったことない人がいきなりキツイ重労働なんてしたくないですよね・・・。期間満了まで頑張れる自信がありません。

最近では昨今の不景気で正社員でも契約社員でもボーナスがもらえるか不安だというところも多いようです。普段の勤務態度や会社への貢献度などでボーナスの額を決定する厳しいところも
あるようです。

なのでボーナスがもらえるかどうかで悩んでいるのは派遣社員だけではありません。

派遣社員はボーナスが出ないということをわかっているのでその分、時給やその他の手当などを見て仕事を決めます。

思っているのと違う・・・と思ったら派遣会社と相談して派遣先を変えてもらうか新たな派遣会社に登録して仕事を紹介してもらいます。

正社員の仕事が決まるまでの繋ぎとしてボーナスの出ない派遣社員をやっている人もいます。中にはボーナスが出ない分アルバイトを掛け持ちして頑張っている派遣社員もいますね。

ボーナスが出ないとわかっていて派遣社員として働いているなんて損だよね?

そう言われても仕方のないことなのかもしれません・・・。

でもボーナスがもらえない派遣社員がもし安定した収入がもらえるとしたらどうしますか?

・体はってバイト掛け持ちしてる?

・もしかして正社員にでもなった?

いいえ、どれも違います!

別に今のままでも、○○ならボーナスがもらえなくても派遣社員のままで働いていても最悪仕事を辞めても収入源だけ増やせて毎日が幸せ!

経験も知識もなくても大丈夫!スマホひとつで安定した収入を確保できる権利収入型ビジネスがあるんです!

派遣社員だからこそ幸せになれる秘密の副業とは?



にほんブログ村 小遣いブログ ネットワークビジネスへ
にほんブログ村



就職・アルバイトランキング

posted by sora at 11:35| Comment(1) | 派遣社員と社会保障 | 更新情報をチェックする

2019年08月04日

派遣社員が手取りや年収を気にせず○○だけで収入を確保できる方法とは?

20190805083630988.jpg派遣社員の手取りや年収ってどれくらいなのでしょうか?

派遣社員の手取りや年収は派遣会社によって違いますが、月収でいったら正社員や契約社員よりもいいのかもしれません。


派遣労働者の賃金(8時間換算)(平均)

(1)労働者派遣事業    
         13,831円
 (対前年度比:9.6%増)
(2)(旧)特定労働者派遣事業      
        16,265円
 (対前年度比:3.1%増


(厚生労働省HPより「平成29年度 労働者派遣事業報告書の集計」参照




しかし一人暮らしで派遣社員で働いている人は手取りから家賃と交通費とさらに引かれるのです。

家賃と交通費も派遣会社によって様々です。

ある派遣会社では交通費を全額ではないが一部支給してくれたり、また無料の送迎バスを用意してくれているところもあります。

また家賃も派遣会社が用意している寮に入寮すれば寮費が無料になるところもありますね。

しかしどんなに時給がよくても毎日残業や休日出勤をしない限りは手取りは高すぎる社会保険料や税金などを差し引いたら最悪一桁になる可能性があります。

そう考えると派遣社員の手取りや年収なんてたいしたことありません・・・。年二回ボーナスが支給される正社員の方がまだマシですよね・・・。

これからキャリアアップや正社員になりたくて就職活動しているあなたはこの数字を見て「派遣社員なんてやめとこうかな・・・」と思ったのかもしれません。

派遣社員で働いている私でさえも手取り額を見て「コンビニでアルバイトして掛け持ちするか派遣社員なんて辞めてハローワークが案内している職業訓練校に行って失業手当もらいながら資格でも勉強しようかな」と思っていました。

派遣社員として働きたいならどれだけ時給がよくても日勤で残業なしのお仕事は手取りが少ないのでおすすめしません。

派遣社員として稼げるお仕事は4勤2休などの夜勤がある方が稼げるのです。

しかし派遣社員で働いてもその年の年収次第では来年ちゃっかり住民税もとられますので、気を付けてくださいね。

手取り額や年収が少ないと派遣社員はダブルワークをするか派遣社員を辞めて職業訓練校に行くしかないと書きましたが、

実はもう一つ、派遣社員で働きながら手取りを気にせずネット環境さえあれば家にいながら収入を確保する夢のような方法があるんです!




今の派遣社員だけの収入で満足ですか?

にほんブログ村 就職バイトブログ 派遣社員へ
にほんブログ村


ネットビジネスランキング

posted by sora at 10:04| Comment(0) | 派遣社員と社会保障 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。