2019年08月21日

派遣社員が失業保険を貰えない?あなたは万一の時どう過ごす?

20190820192245189.jpg今回は、初めて派遣社員で働いている人が、もし何らかの理由で派遣会社を辞めた場合、次の仕事が決まるまで失業保険をもらえるのかということについてお話します。

派遣社員で働いていた期間がどのくらいなのかにもよりますが、そもそも失業保険は約1年以上同じ会社で働いていたら受けることができます。

そして、雇用保険にきちんと加入している派遣会社であれば待機期間中(ここでいう「待機期間中」とは、最近まで派遣社員として働いていた派遣会社に新たな案件を紹介してくれるまでの期間という意味です。)でも失業保険は受けられます。

その理由は、派遣会社で社会保険に加入していたと思いますが、もうその派遣会社で派遣社員として働いていないということは既に社会保険は使えないということです。

なので、社会保険証は待機期間中でも一旦派遣会社に返さなければいけません。

そうなると国民健康保険に切り替えの手続きをしないといけません。

国民健康保険の手続きをする前にハローワークで発行される受給資格者証を持っていけば国民健康保険料が安くなります。

そして国民年金の支払いも免除されます。

ただし、自己都合の退職の場合は認められません。

退職理由が事業所都合であれば、ハローワークで離職票の手続きをしてから約1ヶ月で失業保険が入ります。

これで待機期間中の収入はしばらく安心ですね。

しかし同じ派遣会社から仕事の紹介が来てもとにかく仕事が決まったら必ずハローワークに報告しましょう。

もし報告がなかった場合、不正受給になってしまう可能性があります。

以上、派遣社員が次の仕事が決まるまでの待機中、失業保険が受給できるかお話しました。

離職票は手続きに必要なので必ずもらいましょう。

もし申告から2週間たっても手元に届かない場合は必ずハローワークに相談しましょう。

働く派遣社員ならではの悩みにはこんな解決方法が!


にほんブログ村 小遣いブログ ネットワークビジネスへ
にほんブログ村



就職・アルバイトランキング
posted by sora at 08:00| Comment(2) | 派遣社員と社会保障 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

なんとなく読んでいて、知っておかねばならない内容ですね。^^
Posted by かすみ at 2019年08月29日 17:35
派遣社員の場合の失業保険の話は、詳しく知らなかったので、とても勉強になりました。
良い面もあれば、こういう厄介なこともあるんだなぁと思いながら読んでいました。
Posted by yuko at 2019年09月08日 13:58
コメントを書く
コチラをクリックしてください