2019年08月21日

派遣社員が失業保険を貰えない?あなたは万一の時どう過ごす?

20190820192245189.jpg今回は、初めて派遣社員で働いている人が、もし何らかの理由で派遣会社を辞めた場合、次の仕事が決まるまで失業保険をもらえるのかということについてお話します。

派遣社員で働いていた期間がどのくらいなのかにもよりますが、そもそも失業保険は約1年以上同じ会社で働いていたら受けることができます。

そして、雇用保険にきちんと加入している派遣会社であれば待機期間中(ここでいう「待機期間中」とは、最近まで派遣社員として働いていた派遣会社に新たな案件を紹介してくれるまでの期間という意味です。)でも失業保険は受けられます。

その理由は、派遣会社で社会保険に加入していたと思いますが、もうその派遣会社で派遣社員として働いていないということは既に社会保険は使えないということです。

なので、社会保険証は待機期間中でも一旦派遣会社に返さなければいけません。

そうなると国民健康保険に切り替えの手続きをしないといけません。

国民健康保険の手続きをする前にハローワークで発行される受給資格者証を持っていけば国民健康保険料が安くなります。

そして国民年金の支払いも免除されます。

ただし、自己都合の退職の場合は認められません。

退職理由が事業所都合であれば、ハローワークで離職票の手続きをしてから約1ヶ月で失業保険が入ります。

これで待機期間中の収入はしばらく安心ですね。

しかし同じ派遣会社から仕事の紹介が来てもとにかく仕事が決まったら必ずハローワークに報告しましょう。

もし報告がなかった場合、不正受給になってしまう可能性があります。

以上、派遣社員が次の仕事が決まるまでの待機中、失業保険が受給できるかお話しました。

離職票は手続きに必要なので必ずもらいましょう。

もし申告から2週間たっても手元に届かない場合は必ずハローワークに相談しましょう。

働く派遣社員ならではの悩みにはこんな解決方法が!


にほんブログ村 小遣いブログ ネットワークビジネスへ
にほんブログ村



就職・アルバイトランキング
posted by sora at 08:00| Comment(2) | 派遣社員と社会保障 | 更新情報をチェックする

2019年08月20日

派遣社員の履歴書に志望動機は必要か?

20190819200511801.jpg今回は派遣社員としてお仕事をしたくて派遣会社に登録するときに、もし履歴書が必要って言われた時、履歴書の志望動機は必要なのかお話ししていきたいと思います。

そもそもなぜ履歴書に志望動機は書かないといけないのか、そこからまず説明します。

履歴書の志望動機って普通は就職活動中に、いいなと思った企業があったらまずは応募しますよね?

履歴書の志望動機って、なぜその企業を選んだかということですよ。

では派遣会社の場合はどうでしょう?

よその派遣会社で働いている派遣社員が派遣会社に応募するときってまずハローワークかネットからの応募が多いと思います。

まずこれから派遣社員として働くには、応募する派遣会社はどういう派遣会社か見極めるためにはまず履歴書の志望動機は書いた方がいいです。

じゃあ派遣社員で働きたいのに履歴書の志望動機どう書くんだよっていう話になっちゃいますね。

まずは、これから派遣社員として働いてみたい派遣会社の情報を調べます。派遣会社の公式のホームページだったりそれ見ても何もわからなかったら知恵袋や2ちゃんねるなどで情報を集めます 。

もし公式のホームページに派遣会社の会社の方針とかがあれば その企業方針がいいなと思い応募しました、などでもいいでしょう。

他にも未経験でも大丈夫とありましたので貴社なら安心して働けると思い応募しました、貴社でキャリアを積みたいと思い応募しましたなどテンプレート的なものはいくらでもあります。

でも私なら履歴書の志望動機にこんなテンプレート書くくらいなら最初から書かないです。

では 派遣社員でこれから働く皆さんのために 優良な派遣会社を見極められる履歴書の志望動機の書き方を説明します。

まずは、派遣会社の情報を集めるというのではなく、 その派遣会社が募集している案件の福利厚生、就業時間など、この派遣会社で派遣社員として働いたらこんなメリットが!など色々とあると思いますが、 まずネットでの案件でチェックするのはお友達同士、カップル大歓迎であったり、 社員寮が無料であったり、派遣先の 派遣社員に対しての教育が徹底していてサポートも充実しているなどそういうのを見ると私たちはいいな、ここで派遣社員で働きたいなと思いますよね?

ですから、これから派遣社員として働くあなたが履歴書の志望動機に書くとしたら、寮費無料ってあなたの会社だけです。 そこに魅力を感じて応募しましたとか 、カップルや友達など一緒に働けるっていうのも魅力を感じますし、未経験だけど派遣先で色々サポートをしてくれるところに魅力を感じて応募しました、などと書けば OK です。

履歴書に志望動機も書いたし、これで OK!

でもいざ登録説明会に参加して、もしこの案件は埋まりましたと言われたらこの派遣会社はそうやって釣り広告をするところということで諦めましょう。

まだネットでこの案件募集してるじゃないですかと言ったら、そういうこと書いてあったんですね、まだあったんですね知らなかったですなど言い、 その ホームページの業者のせいにするところもあります。

だいたいネットからの応募ってそんなかんじのばかりです。

だから私がお勧めするのはハローワークからの応募です!

ハローワークからでしたらハローワークの職員が直接まだこの求人は募集してますか?と連絡してくれるので そしてその求人に対して本当に寮費無料なのか友達同士カップル OK なのか 確認してから応募しましょう。

もし実際に登録説明会に行ってこの案件は埋まりました、 今この案件はないんですと言われたらすぐにハローワークに連絡しましょう。

以上、優良な派遣会社の見極め方ということで履歴書の志望動機の書き方を説明しましたが、ここまで来ると 派遣社員って気軽に、派遣会社に登録さえすればいつでも働けるということですごい気軽なイメージがあったんじゃないかと思うのですが最近、悪徳な派遣会社も多いので警戒している派遣社員も多くいるのも事実です。

こんなめんどくさいんだったらもう派遣社員なんてもやりたくないなーって思う人もいるのかもしれません。

やっぱりもうちょっと稼ぎたい、お金がないからなどという理由で仕方なく派遣社員で働くしかないのかなっていう人はたくさんいると思います。


でも!

そんな会社選びにいちいち神経使うのがもういや!めんどくさいっていう人のために、お家でのんびりしながら パソコンやスマホがあればできる ビジネスがあるんです!

もう履歴書なんて書くのやめますか?

にほんブログ村 小遣いブログ ネットワークビジネスへ
にほんブログ村



就職・アルバイトランキング

3年ルールって何?派遣社員が○○で安定した収入を確保!その秘密とは?


派遣社員の3年ルール!副業と併せて焦らず過ごす方法とは!?

20190819200446790.jpg
あなたは3年ルールに縛られて派遣社員として働いていませんか?

これは同じ派遣先企業で派遣社員として3年以上働いてはいけないという雇用の安定を図るためのルールです。

例えば、総務課で働いている派遣社員が総務課に配属されてから3年経つとその仕事が続けられなくなり、同じ派遣先の製造課に異動したらその日から3年働けるということです。

派遣先企業によっては、一旦退職させて違う部署に配属させるところもあります。

もちろんこれは合意です。

まだまだ派遣社員が総務課で働きたいという意志があれば、派遣会社から派遣先企業に直接雇用の依頼をすることができます。

しかし、どこの派遣先企業も派遣社員の出入りが激しく正直3年も働いている派遣社員なんていません。いたとしても何度も工程や部署移動を繰り返してきた人でしょう。

よほどの大企業でも業績などが悪化すれば真っ先に派遣社員を切ります。

3年間同じ仕事を続けられるほうが私には奇跡に思えます。

大抵の派遣社員は3年ルールなんて気にしません。

長く派遣社員をやっていると「ふーん、3年の間に仕事なくなってまた派遣撤退したりして」くらいにしか思わなくなります。

私も三重県に来て派遣社員として働き始めて3年経ちますが、3年ルールに全く拘りがありません。

なぜなら三重県で正社員になる気は全くないからです。

3年間頑張って働いて正社員になれたとしても、一癖も二癖もある派遣社員の面倒を見るのが嫌だからです(もちろん中には真面目な派遣社員もいますが・・・)。

でも・・・だからって派遣社員は3年ルールに縛られて一つの企業で働けないまま全国各地ブラブラと仕事をしながら渡り歩けるのか?

全国各地を移動するのが好きな人もいますが、

私は無理です!

・移動するのが大変!

・また一から仕事を覚える

・方言わからない!(言っていることの意味がわからない)

えー、私はそんなの耐えられない!

そう思ったあなた!!

実はですね・・・

あなたの悩みを解消する嬉しいお知らせがあるんです!


今なら無料でプレゼント進呈中♪

にほんブログ村 小遣いブログ ネットワークビジネスへ
にほんブログ村



就職・アルバイトランキング